Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に飲んだワインの感想などを}

SPONSORED LINKS

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に}

自宅で、レストランで飲んだワインの記録と、その時食べた料理との相性などの感想を中心に、コニャック、シングルモルト、ポート、リキュールなどの感想も記録していきます。
<< ウニクム | main | トゥーレーヌ ソーヴィニヨンブラン 2005 シャルドン家 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モルガンテ ネロ・ダヴォーラ 2003
モルガンテ ネロ・ダヴォーラ
JUGEMテーマ:ワインと料理の話

モルガンテ ネロ・ダヴォーラ 2003
MORGANTE NERO D'AVOLA

イタリアはシチリアの赤ワインです。品種はネロ・ダヴォーラという聞きなれないもの。値段はレストラン価格で¥3500程度とかなり安いワインですが、味わいはボディーもしっかりしているし、バニラ香もするなかなかのもので、果実味もしっかり感じ、若いうちから楽しめるワインです。先日紹介したモンテプルチアーノ・ダブルッツォよりパワーを感じます。
実際、仔羊の煮込みのリガトーニや仔羊のソテーなど脂の香りが強い仔羊とあわせても負けることも無く、ゴルゴンゾーラのニョッキのように風味の強いものを後半にあわせましたが負けることもありません。

さて、このモルガンテ ですが、ウェブサイトに日本語が選択出来ます。そしてかなり詳細に情報公開もされていて、嬉しい限りです。以下、モルガンテのサイトから一部を引用しますが、詳しくはモルガンテのサイトをご覧下さい。

ブドウ品種  :ネロダヴォーラ 100%
生産地区   :アギリジェント、グロッテ、ラカルムート
醗酵      :ステンレスタンクで皮と共に18日間、
          マセラシオン・マロラクティック醗酵
熟成     :樽で 4ヶ月熟成後瓶熟 4ヶ月
初ヴィンテージ:1998年
年間生産量  :250,000本

※ マセラシオン・マロラクティック醗酵とは果汁の糖がアルコールと二酸化炭素に分解する主醗酵の後に起きる醗酵で、ワイン中の乳酸菌の働きで、リンゴ酸をまろやかな乳酸と二酸化炭素に分解される醗酵のことを言います。

| イタリアその他の地方 | 07:21 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 07:21 | - | - |
「モルガンテ ネロ・ダヴォーラ 2003」ですか、・・・。
イタリア、シチリアの赤ワインですか、・・・。
¥3500程度ですか、・・・。
果実味もしっかり感じますか、・・・。
なるほど。。

素敵なショットと分かりやすい、ご紹介、ありがとうございました。

さて、Sivajiさん
昨日の「カラスを攻撃したケリという鳥は、どのような鳥なのでしょうか?」についてですが、・・・。
→ カラスと同じくらいの大きさの鳥です。
  カモメと同じくらいの大きさ、姿です。
| siawasekun | 2008/03/21 3:23 AM |
siawasekun さん。コメント有難うございます。
このワイン、レストランで飲むと¥3500程度ですが、
ネットで購入すると、¥1800程度です。
だいたいレストランは市販価格の倍額で販売しますので、その額になります。値付が高いところだと三倍も取ります。
そういうところでは高いワインは注文出来ません。(笑)

ケリはカモメとほぼ、同じサイズなのですか。
それでは納得出来ますね。
説明、ありがとうございました。
| Sivaji | 2008/03/22 12:50 AM |
Sivajiさん、こんにちは。

今日のワインは、シチリアですね〜。
シチリア産は、私の中ではイタリアのワインの中でもある程度安心感があるというか、風味がある程度一定しているという感覚があります。
暖かいので、ぶどうが良く熟しますものね。

| jugon | 2008/03/22 6:35 PM |
jugonさん、コメント有難うございます。
私はシチリアは昔、コルボを相当飲んだ記憶があり、
それ以降ご無沙汰だったのですが、これはコルボより濃くて美味しかったです。
イタリアはオートヴァンではピエモンテ、トスカーナばかりを飲んでしまい、デイリーワインではヴェネト、アブルッツォばかりを飲んでしまいます。
シチリアは昔から共和制ローマの食糧補給の基点でしたし、地中海最大の島で、気候も安定しているでしょうから、いいブドウは取れるでしょうね。
しかし、よく考えれば、フランスのコルシカ島のワインがあまり日本に入ってきていないのにシチリアは入って来ていますね。
コルスのワインもそこそこに美味しいんだけど・・・。(アジャクシオとか)
| Sivaji | 2008/03/23 12:00 PM |









http://van-temps.jugem.jp/trackback/9
イタリア ワイン
イタリアはフランスと1、2位を競う世界のワイン生産国。ワインを造り始めた歴史も古く、紀元前2800年
| イタリア ワイン | 2008/03/19 8:06 AM |