Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に飲んだワインの感想などを}

SPONSORED LINKS

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に}

自宅で、レストランで飲んだワインの記録と、その時食べた料理との相性などの感想を中心に、コニャック、シングルモルト、ポート、リキュールなどの感想も記録していきます。
<< テタンジェNV | main | マルセル・マルタン ミュスカデ セーヴル・エ・メーヌ 2005  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー ニュイサンジョルジュ 2003
フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー ニュイサンジョルジュ
JUGEMテーマ:ワインと料理の話

フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー ニュイサンジョルジュ 2003

他のブログにも少し書きましたが、今回取りあげるのは、フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー ニュイサンジョルジュ 2003です。

ニュイサンジョルジュを本拠地にしている、フィリップとヴァンサンの兄弟で作っているドメーヌで、彼らの父親の代の時は、ネゴシアンに売っていただけの造り手だったそうです。彼らのことを知ったのは、モーニングに連載されている”神の雫”を読んだときでした。昨年、たまたま行きつけのワインショップで見つけて、買ってみましたが、¥6300 と昨今のワインの高騰の中では比較的安く買えたブルゴーニュで、味も美味しく、ファンになりました。

果実味がしっかりしていて、当然仕上がりは辛口ワインだが、ほのかに甘みすら感じるワインで、パーカー好みなんだろうな〜と思わせられるワインです。まだ若さを感じさせますが、今飲んでも楽しめるし、熟成させてみても楽しめそうなワインです。

昨年は牛マルシンのローストをポートを効かせたジュで楽しんだときは、ポートの甘みとワインに感じるほのかな甘みが良くあいましたが、昨日はブフ・ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮)とあわせたので、こちらは逆に、このほのかな甘みが今ひとつに感じ、マリアージュは生まれませんでした。

思うにこのワイン、少し甘めのソースの方があうように思えます。肉も牛肉は無難なのですが、鴨などの方がより楽しめると思います。もっとも、スパイスがかなり強い鴨のアピシウス風などは、どうかなとは思いますが、鴨大根などであれば、楽しめそうだと思います。

肉だけでなく、肉質がしっかりしている魚で、ポート風味の赤ワインソースなどであれば、充分、楽しめるのではないかとも思えます。例えば、下記のブログのような平目の料理など。

尚、各ドメーヌについてかなり詳細に纏めてあるサイトを見つけましたので、ご紹介しておきます。



| ブルゴーニュ | 16:59 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 16:59 | - | - |
Sivajiさん
素敵なワインですね
かなりコクのあるお料理にもいけそうですね

コメント有り難うございます
| ryuji_s1 | 2008/03/03 7:36 AM |
ryuji_s1 さん、こちらにもコメント有難うございます。
濃厚ですが、渋みが少なく果実味が多いので、甘みを感じさせる料理が良いと思います。
逆に、渋みを欲する赤ワインのキレがしっかりしているソースや、仔羊などには私的にはお奨めできないです。
(そういうものにはボルドーの左岸か、ローヌ北ですかね。)

日本のワインも最近はいいものをつくろうようです。
URLに知り合いのソムリエールがたまに記事を書いているので、覗いてみてあげてください。
(サーバー設定、ページデザインなどは私が担当しています)
| Sivaji | 2008/03/03 7:22 PM |
Sivajiさん
TBありがとうございます

素敵なプレゼントです、感謝します、
| ryuji_s1 | 2008/03/06 9:22 PM |
TB、送れましたか〜。良かったです。
ここ、グルメレシピと同じ会社のブログなのですが、あっちは独自ドメインとサーバーに付随するもので、こっちは無料ブログなので、ちょっと反応が違うようなのです。
で、管理会社に尋ねると、記事の中にアドレスを入れておかないと、スパム扱いされるそうで、送ることができてよかったです。
こちらからもちょくちょく遅らせていただきますね〜。
| Sivaji | 2008/03/06 10:53 PM |









http://van-temps.jugem.jp/trackback/2
ブフ・ア・ラ・ブルギニョン (牛肉の赤ワイン煮)
ブフ・ア・ラ・ブルギニョン (牛肉の赤ワイン煮)さて、前回はコッコ・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)でしたが、寒い日々が続くので今回も煮込み料理を。コッコ・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)よりも少し手間とお値段がかかるブフ・ア・ラ・ブルギニョン (牛肉の赤ワイン煮)で
| グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理を中心に、インド、エスニック料理のレシピも紹介します} | 2008/03/02 5:07 PM |
食べ物の、
私はこれが面白いと思う食漫画の作品です。華中華色々なチャーハンが出てきて、チャーハンのバリエーションの多さが楽しいです。華中華(4)築地魚河岸三代目築地魚河岸で働く主人公が魚に対して持つ興味が、共感でき、また魚の知識や料理法が紹介されていて楽しい。築
| 雑学的ブログ | 2008/03/24 5:55 PM |