Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に飲んだワインの感想などを}

SPONSORED LINKS

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に}

自宅で、レストランで飲んだワインの記録と、その時食べた料理との相性などの感想を中心に、コニャック、シングルモルト、ポート、リキュールなどの感想も記録していきます。
<< 追悼 ロバート・モンダヴィ | main | コンチャイトロ ディアブロ カベルネ・ソーヴィニョン 06 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
三ツ星レストランでもスクリューキャップを
JUGEMテーマ:ワインと料理の話

三ツ星レストランでもスクリューキャップを

ワインの大半、特に高級ワインになればなるほどコルクで栓がされているわけですが、コルクで栓をする場合、避けては取れない問題があるのです。
それが、ブショネです。(ブショネについての詳細は、ブショネについて 書かれたサイトを見てください。)

これを避けるために、人工のコルクを使っているメーカーもあります。(例えば、ここで取り上げた、マルセル・マルタンのミュスカデなどは人工のコルクです。しかし、やはりいかにも安物と感じてしまうこともあり、高級ワインにはそぐわないという感じは受けてしまいます。
もうひとつ、さらにチープ感が出てしまうのがスクリューキャップです。
ここでは取り上げていませんが、オーストラリアのTorbreck(トルブレック)というワインではこれを用いているものがあります。

チープ感を与えるためか、フランスの三ツ星レストランでは、なかなか採用されなかったスクリューキャップのワインですが、今は亡きベルナール・ロワゾーのラ・コート・サンジャックのシェフ・ソムリエのアルノー・ラプランシュ氏が、スクリューキャップのワインを採用することにしたそうです。
(詳細記事は日本ソムリエ協会のワールド・ワインニュース参照)

アルノー・ラプランシュ氏は、その理由を「やりたくなかったですよ。抜栓という儀式を諦めるのはね。しかしコルク臭のあるワインがもはやなくなるという思いには勝てなかった。コルク臭があるとがっかりしますからね」としているが、これを機会に、今後、スクリューキャップのものも採用されていくと共に、高級ワインでもこちらに切り替えるところが出てくるかもしれない。

確かにチープ感は否定できないが、ブショネの酷いものにあたることを考えれば、一考する価値はあるのかもしれない。特に、個人で購入する場合、高級ワインがブショネであっても誰も責任は取ってくれないのだから。
とは言え、レストランで高級ワインをオーダーして、ソムリエがスクリューを回して開ける姿は、確かに興ざめするものだが。





| お酒以外で | 18:51 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 18:51 | - | - |
Sivajiさん、こんばんは〜。

コメント、大丈夫そうですね。

私の場合、今のところ、スクリュー・キャップの良いところは、抜栓しなくて良いのでどこでも大丈夫ってことが一番です・・・たとえば、ハイキングとか。
先日も、新幹線の中に持ち込むのにスクリュー・キャップのものを探しました。

どうしても、チープ感は否めないのですが、オーストラリアのものとか、結構多くなってきましたね?
| jugon | 2008/05/24 9:28 PM |
Sivajiさん、こんばんは。

コルクが原因でおこるワインの障害をブショネと
いうのですね。勉強になります。

確かに高級ワインがスクリューキャップだと
雰囲気が変わってしまいそうですね。

自分ではラフなお店ばかりですが(笑)
以前会社の上司にご馳走になった時
お店の方のワインを開ける姿がとても素敵
だったのを覚えています。
| びあじあ | 2008/05/24 10:41 PM |
スクリューキャップのワインなどの話、初めて、知りました。
珍しい話、ありがとうございました。

さて、Sivajiさん
昨日の「ちょっと一息は素麺でしょうか。」についてですが、・・・・。
→ その通りです。
  当日は、暑くて、大好きな素麺を食べました。

| siawasekun | 2008/05/25 4:08 AM |
jugonさん。
そうですね〜、外に持って行くときはスクリューキャップは便利ですね。
チープ感と、あとは長期熟成を要するワインの場合、これで大丈夫なのか。という問題が残されていると思います。
これは人口コルクでも同じだと思うのですが。
オーストラリアなどの新世界では、これから増えていくかもしれませんし、世界的にすぐにお金にしたいからか、若飲みワインが増えてきたように思えるので、いずれ、これのシェアが伸びるかもしれませんね。
| Sivaji | 2008/05/25 11:53 AM |
びあじあさん。
ブショネはそこそこの確率であるらしいのですが、一般の人(私も含め)にはなかなかわからないそうです。
どうしても、一期一会なワインもたくさんあり、そのワインがブショネであれば、こんなものか。と思ってしまう場合もあるようです。
さすがにかなり酷いものはわかると思いますが、私自身、まだそこまでわかるほど酷いものに当たった記憶はなく、
いまいちだなと思ったワインが後日飲んでおいしかったりすると、前のものはブショネだったのかな。と思う程度ですね。

抜栓とかデキャンタージュは一種のパフォーマンス効果もありますので、スクリューキャップが増えたら、新たなパフォーマンスを考えないといけなくなりますね〜。
| Sivaji | 2008/05/25 11:56 AM |
siawasekun さん。
日本でも¥400程度の安いものには多いですよ〜。
安いものに多いからこそ、また、チープ感が出ちゃうのでしょうけど。

素麺、食べたくなりました・・・・。
| Sivaji | 2008/05/25 11:57 AM |









http://van-temps.jugem.jp/trackback/19
二つ星に選ばれたレストラン
○(25軒) ・石かわ(日本料理) ・一文字(日本料理) ・臼杵ふぐ山田屋(日本料理 ふぐ) ・えさき(日本料理) ・エメ・ヴィベール(フランス料理) ・菊の井(日本料理) ・キュイジーヌ[S] ミッシェル トロワグロ(現代風フランス料理) ・湖月(日本料理)
| 三ツ星 ミシュラン 料理の値段は・・ | 2008/06/06 4:17 AM |