Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に飲んだワインの感想などを}

SPONSORED LINKS

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に}

自宅で、レストランで飲んだワインの記録と、その時食べた料理との相性などの感想を中心に、コニャック、シングルモルト、ポート、リキュールなどの感想も記録していきます。
<< シャトー・モンペラ 2005 | main | 再挑戦 シャトー・モンペラ 2005 デスパーニュ家 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
エリタージュ ド シャススプリーン 2002
エリタージュ・シャススプリーン 2002
JUGEMテーマ:ワインと料理の話

エリタージュ ド シャススプリーン 2002
Heritage de Chasse Spleen 2002

ボルドーはムーリのクルブルジョワ・エクスプショネルクラスのワイン、Ch シャススプリーンのセカンドワインです。
AOCはオーメドック。
2001年のセパージュは、カベルネ・ソーヴィニヨン 70%、メルロ 25%、プティ・ヴェルド 5%だそうです。
(シャススプリーンはCF 60%、M 35%、PV 3%、CF 2%)

以前、このワインを飲んだときは(一年位前だと思います)、大分、杉の板のような香りが強く、タンニンと苦味を感じたこともあるので、いきなりデキャンタージュしました。
半分をデキャンタの上面に注ぐ形で、残り半分は普通にデキャンタージュ。
リーデルのボルドーグラスに注ぎテイスティングをしてみると、杉の板の香りなどは以前飲んだものほど強くなく、黒い果実(ミュールとか)に、かすかに粘土っぽい土の感じ。少しだけ鼻から抜いたときに、杉の板などの感じは残っている。
味は酸もしっかりしていて、渋みも少し強めながら、一年くらい前に飲んだものより苦味もなく美味しくなっています。全体的に果実味と甘味は少なく、余韻もそれほど長くない。

さて料理ですが、市販の鴨スモークは、その薫香がこのワインの持つかすかな杉の板の香りとマッチしてなかなか美味しく楽しめます。
飲み進めていくと、徐々に旨味も感じてきて、この一年でしっかり、熟成が進んでいるように思えます。

デキャンタージュしてから大分時間が経つと、少し甘い香りもしてくるが、味わいは甘くなく、ワインが開くと共にその収斂性と酸で強さを醸し出しているような感じです。
どちらかというと所謂パーカー好みのボルドーというより、
クラッシックスタイルという所でしょうか。

メインは仔羊のローストです。
このワインと仔羊は、このワインがクラッシックに感じる分、仔羊の脂の香りとのマッチングはさすがで、味わいの強さ、タイムの香りとも完璧なマッチング。
先に掲載したモンペラより、この仔羊の料理にあわせるのであれば、私はこちらを選びます。
(モンペラはもう少し柔和で甘味も感じるので、脂を取って、フォワグラ、シャンピニオン・デュクセルなどを詰め物して焼いて、ポートのソースでもかけた場合は、こちらよりモンペラがあうと思われます。)

さて、このワインも徳岡で購入したのですが、数年前までは¥1900 とお買い得だったのに、ここ数年のワインの高騰で、昨年では¥2500 になり、今年に入り、¥3000〜になっており、簡単に楽しめなくなってしまったのが残念です。
(とは言え、私が十数年前にワインショップで働いていたときは、¥3000前後でシャススプリーンを販売していたような記憶があり、ワインブーム以降のワインの高騰には驚かされると共に、昔、安くて購入したワインがとんでもない値段になっているので、空けることができなくなってしまったものがたくさん、セラーに眠っています・・・・。)

クラッシックなボルドーがお好みの方、脂の香りや香草、スパイスの香りがしっかりした仔羊とあわせたい方には、お奨めできる一品です。




| ボルドーワイン | 22:40 | comments(10) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:40 | - | - |
エリタージュ ド シャススプリーン 2002、杉の板のような香りが強く、苦味を感じますか、・・・。
なるほど。

ワインの値段、・・・。
ここ数年、ワインは高騰しているのですか、・・・。

安くて、美味しいものがいいです。
| siawasekun | 2008/04/08 2:58 AM |
Sivajiさん、こちらでもこんにちは〜〜♪

何でも値上がりの昨今、美味しくてお財布にやさしいワインも希少価値になりそうですね。
レストランでいただくとこを考えれば、随分グレード・アップもできますが、デイリーとは行かなくなって、ワインゲル係数急上昇(笑)

2002もあの2000そして2001に次いでボルドーは良いぶどうが収穫できた年ですよね?
2005年のすごさなど、近年のフランスワインのヴィンテージの良さは地球温暖化の数少ない功績でしょうか?

私はどれでも同じ様なパーカー系より、しっかりボルドーって結構好きです。
ボルドーと鴨の燻製、あわせてみたくなりました♪
| jugon | 2008/04/08 1:13 PM |
siawasekun さん。
ワインは高くなっています。
日本ではワインブーム以降、かなり値上がりしたと感じます。アジア、西欧諸国ともかなり高値で買い付けるようで、また、昨今のユーロ高、原油高による輸送費の問題などもあり、高騰し続けています。
とくにシャンパンとブルゴーニュ、ローヌに感じます。
| Sivaji | 2008/04/08 6:40 PM |
jugon さん。
ボルドーは2000年代に入り、概ね好調のようですね。
全体的には、2000、2005が好評価。2003がそれに次ぐという感じに思えます。
まだボルドーは全体的な量が多いためか、右岸の小さなシャトーを除いて目をむくようなイメージは無いのですが、ブルゴーニュが目をむきます。ACブルゴーニュで¥4000を超えるものもありますしね。
温暖化もあまり歓迎できないかもしれません。
確かにブドウの糖度は上がるでしょうが、上がりすぎる弊害もあると思えます。このまま進むと、シャンパーニュなどが今の味を保てるのか懐疑的です。
パーカーの評価は、あくまで一つの指標であり、彼自身の好みは果実味のあるワインを評価するように感じ、そのため、若飲み傾向のワインが増えたように思います。
一つには、各作り手が早く、お金が欲しいというのもあるのかもしれませんが、熟成し、枯れかけたワインも好きなだけに、パーカー好みのワインが熟成したときにどうなるのか。
疑問を持つことも確かですね。
| Sivaji | 2008/04/08 6:46 PM |
Sivajiさん
おはようございます。

昨日も、私の拙いブログで、ネコヤナギなど見て、嬉しいコメント及び応援クリック、ありがとうございました。

感謝、感謝です。。
| siawasekun | 2008/04/09 4:38 AM |
siawasekun さん。こちらこそ、毎回返レス有難うございます。
| Sivaji | 2008/04/09 9:43 PM |
Sivajiさん
おはようございます。

昨日も、私の拙いブログで、サクラ&コゲラなど見て、嬉しいコメント及び応援クリック、ありがとうございました。

とても、嬉しいです。
感謝申し上げます。。
| siawasekun | 2008/04/12 4:22 AM |
siawasekun さん。
こちらこそ、二つのブログを行き来させてしまってすみません。
URL、その日の気分で書いていますので・・・・。
| Sivaji | 2008/04/13 12:34 PM |
Sivajiさん
おはようございます。

昨日も、私の拙いブログで、「アカハラ」や「ツバキの蜜を吸う野生リス」など見て、嬉しいコメント及び応援クリック、ありがとうございました。

とても、嬉しかったです。
感謝、感謝です。。
| siawasekun | 2008/04/14 3:06 AM |
siawasekunさん。
毎日ステキな写真を楽しませていただいています。
| Sivaji | 2008/04/14 3:18 PM |









http://van-temps.jugem.jp/trackback/13
仔羊のロースト・タイム風味 ジャガイモ添え
仔羊のロースト・タイム風味 ジャガイモ添えカレ・ダニョーこと骨付き仔羊のローストです。大本のレシピはランブロワジーのコート・ダニョーのロースト シャンヴァロン風です。こちら、コートダニョーとなっていますが、写真で掲載されている羊の肉の姿を見ると、セル
| グルメレシピ {フランス料理、イタリア料理を中心に、インド、エスニック料理のレシピも紹介します} | 2008/04/27 5:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/07/16 7:46 AM |