Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
RSS



リンクフリーです
バナー下記、お使い下さい。

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に飲んだワインの感想などを}

SPONSORED LINKS

ワインの時間 {フランスワイン、イタリアワインを中心に}

自宅で、レストランで飲んだワインの記録と、その時食べた料理との相性などの感想を中心に、コニャック、シングルモルト、ポート、リキュールなどの感想も記録していきます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
テタンジェNV
テタンジェNV
JUGEMテーマ:ワインと料理の話

テタンジェ NV

歴史あるシャンパンメーカーで、NVのセパージュはピノノワール 60%、シャルドネ 40%(山本博著 シャンパン物語より引用)。

あわ立ちは中程度でキメが細かい。この辺はやはりシャンパン。
味わいは少し軽めだが、酸はそんなに感じない。上品な味わい。
プレステージのコント・ド・シャンパーニュ(100%グランクリュ畑、コート・デ・ブラン地区 のシャルドネ 100%使用のブラン・ド・ブラン)のニュアンスを引き継いでいるように感じる。

あわせたのはマグロのタルタル。
軽く感じるシャンパンだが、赤身の本マグロにマスタードと少しの醤油などであえたタルタルにも負けないのはさすがにシャンパンだと思える。
特に、醤油を隠し味として入れたタルタルは、ボージョレなど赤ワインにあわせるために入れているのだが、それを苦にしないのはピノ・ノワールをセパージュに持っているからだろうか。

次いでボンゴレ・ビアンコ
これは可も無く不可も無くだが、どちらかというとミュスカデといったところ。

次いで揚げ物
エビフライ、キスのチーズ巻きあげ。
エビフライはレモンとタルタルソースで、キスのチーズ巻上げは醤油とレモンを割ったもので。油物とシャンパンは油を発泡が流してくれる感じで快適。

最後はカキフライ。
少しカキの風味が勝つ感じなのと、カキフライにはかなり多めにタルタルソースを付けるので、タルタルソースのマヨネーズ部分が主張が強く、あわないと言う事はないものの、特段、両者が引き立てあっているという感じではなかった。
これもミュスカデとかの方があうと思う。
もっとも、シャンパンも終盤に来ていて、大分酒がまわっていたので正確な判断ではないかもしれません。




JUGEMテーマ:ワインと料理の話


| シャンパーニュ | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |